講演会トラブル、コンサートマナー違反

講演会に行く

講演会に姪と行ってきました。会場は最近できたところです。

駅すぐそばで、駅と会場とつながっていますが、ちょっと距離がありました。

指定席ですので、急いで席に着くこともないだろうと、ロビーでしばらくくつろいでいました。

さて、席に着こうと会場入りし席を見つけました。

ところがどうでしょう。なんと私たちの席に他の人が座っているではありませんか。

早速その方とチケットを確認しましたら間違っていません。周りを見ると、どうやら私たちだけではないようでした。すぐにスタッフに伝えました。他のスタッフと連絡を取り合いパイプ椅子を用意し始めました。

どうやら私たちの一列だけがコンピュータートラブル発生のようでした。

姪の機嫌が悪くなってきたので私は姪に誤り、主催者のお詫びが無いことに私は憤りを感じました。

約30分遅れの開演となりました。講演者は会場の空気を読み取りポジティブな気持ちになるような言葉から始めてくれました。

これからは指定席であっても先に席を取ろうと思いました。

コンサート

テレビなどで、よくコンサート会場でライトを振っている光景をみていて、いつか私もやってみたいなと思っていました。

あるコンサートに行くことになり、『ここのこの曲の時ならいいだろう』と、ライトを持って出かけました。

コンサートが始まり、とうとうその曲が始まりました。

早速ライトを振りました。数分後スタッフの方から注意を受けました。『ええ~、いけないんだぁ恥ずかしいことをしてしまった』

また別のコンサートがありました。

『ここだったらいいだろう』と、前回の経験に懲りずにやってしまいました。ここでもすぐにスタッフから注意されました。

二度の失敗、もう懲りました。

もう絶対にやりません、と心に決めました。

最近やっとわかったことですが、必要なときは会場に用意されているんですね。

あるコンサートでは、感動したのでスタンディングオーベイションを後ろの方に迷惑がかからないようにしたのですがスタッフに注意されました。

このときはなぜか、残念な気持ちになりました。

その場その場で空気を読まないといけないなと思いました。

さまざまなトラブル、アクシデントを乗り越えて人間は成長していくのです。犯した失敗にとらわれすぎず、次回はどするか反省して明るく生活します。

初めての全身脱毛体験

先日、友人の紹介で初めて脱毛サロンへ行ってきました。

女子力の低い私でも一応全身脱毛には興味があったので、前々から行ってみたいとは思っていたものの、なかなか一歩踏み出すことができませんでした。

脱毛サロンがどんなところなのか具体的には何も知らない私だったので、ドキドキしながら行ってまいりました。

今回はその日のことを体験談としてまとめたいと思います。

友人の通っている脱毛サロンへ

まずは体験ということで、友人からの紹介で無料で好きな部位の施術を受けることができました。

友人があらかじめ予約をしてくれて、私は友人についていくだけでした。

渋谷のこじんまりとした雑居ビルの中にそのサロンはあり、最初は「こんなところにあるの?」と思いました。

ビルだけを外から見た感じだとあまりきれいとは言えないビルで、1階には居酒屋、2階にはダーツバーと、なんだか毛色の違うお店がたくさん入っていたので…。

でも、実際にサロンの中へ入ってみて驚きました。中の様子は外とは全く違っていて、アジアンリゾート風のインテリアで、落ち着いたBGMが流れていて、とても癒される空間があったのです。

スタッフの方が笑顔で迎えてくれて、おしゃれなハーブティーを出していただきました。

カウンセリング

友人はすでにコースを契約していたので、しばらく待った後は友人と別れて、私は担当の方とカウンセリングをしていただきました。

もともと希望する部位は、なんとなく脇の下かなと思っていたのですが、担当の方とお話した結果、意外とおすすめなのは膝下の足の脱毛だと教えて頂きました。

というのも、普段はカミソリで剃っていたりすると、足のところの薄い肌が痛んでガサガサになってしまうのだとか。

そのため脱毛してしまったほうが、膝下部分の肌荒れは防げるそうです。

やはりいろいろな方をカウンセリングされている方だなと感心し、私は気になってる部分が多かったので全身脱毛を契約しました。

料金体系についても解説して頂き、全身脱毛が安いサロンも増えてきたものだなぁと感心しました。

施術

施術は2人のスタッフの方がてきぱきとやってくれました。

両足なので、それぞれが片足を担当するかたちでした。

施術する前にジェルを塗るのが驚くくらい冷たかったのですが、スタッフの方が親切に「すごい冷たいので…」と言ってくださったので大丈夫でした。

レーザー脱毛だったので、レーザーがあたるときは一瞬熱い感じがしますが、痛いという感覚はまったくありません。

スタッフの方も慣れた手つきでスムーズにやってくださったので安心して施術を受けることができました。

2人ががりだったからか、施術時間は20分ほどでした。意外と早くて驚きました。

その後は契約した際のコースの説明を受けましたが、契約するかどうかはいったん家に帰ってから検討すると言って一度お断りすることにしました。

他のところも行ってみたい気持ちはあるので、これからいろいろ試そうと思っていますが、初めて体験としてはまったく嫌な思いをすることなく行ってくることができたので良かったです。

あといろいろなお店のキャンペーンなども比較して決めたいと思っています。

新しいメガネがそろそろ欲しい

いまのメガネのデザインは古い?

視力が低いのでメガネは欠かせないので、いくつも持っています。

でもここ数年新しいのは買っていません。

普段かけているのはパソコン用のメガネと、ピンク色の細いフレームのメガネです。

パソコン用の眼鏡はパソコンやタブレットをするとき、読書の時などだけかけているので、普段はピンク色の眼鏡をかけています。

これはけっこう前に買ったもので、レンズの大きさはそれほど大きくなく、楕円形の形をしています。

お出かけの時は、茶色いフレームのものをよくかけます。

黒縁眼鏡もあるのですが、これはフレーム、あるいはレンズが重いのか、かけているとちょっとつらいので出番が減っています。

どれも、ちょっといまのトレンドのメガネデザインとは違うかな、と思っているので、そろそろ新しいメガネが欲しくなっています。

少し大き目レンズで、黒縁で、クラシックなおしゃれメガネがいいかな、と思います。

メガネは軽さも大事

メガネのレンズが大きい物を選ぶとなると、やっぱり軽さが大事かなと思います。薄型レンズとか、そういうものを選んだらいいのかもしれませんね。

といいつつ、値段が安い普通レンズをいつも選んでいます。

メガネって、そうそう買うものではないので、いいものを買うべきなんでしょうね。

でもついつい、安くすむなら安くすましたい、と思ってしまいます。

でも、快適なかけ心地を望むのなら、いいものを選ぶべきですよね。

あと、フレームの部分が曲がっても大丈夫なものは気になります。

というのは、けっこう寝ながらテレビを見ることも多いからです。

そうなると、メガネのフレームが枕などにおしあてられます。

そのせいか、少しずつ歪んできているような気がするんですよね。こういうのも、フレームが曲がってもOKなものだったらいいのかな、と思うんです。

とにかく、次に買うメガネは、軽いもの、そして、好きなモノトーンファッションにあう黒縁のものを選びたいなと思っています。

でも、茶色のものは顔が明るく見えるので、そっちも捨てがたいです。両方欲しいかもしれません。

ここ数年、新しいメガネを買っていないので、そろそろ新しいメガネを買いたくなっています。軽さと、フレームの柔軟性、デザインなど、こだわりたい部分がいくつかあります。

車酔いを防ぐ

車酔いで悩んできました

私は子供の頃から車酔いに悩まされてきました。
そのため、学校のバス旅行では後部座席で騒いでいる人たちの仲間には入れず、いつの前の席で静かに過ごしていました。

大人になってからはそうもいかないので、車に乗って遠出をする時は必ず酔い止め薬を飲むようにしていました。

薬の飲み過ぎに注意」という記事を書きましたが、適度な薬のおかげで酔わなくなり、旅行を楽しむことができました。

少し前ですがテレビで船酔いになった時は、首の後ろに氷水をかけるとすぐに治るという話題をやっていました。

その時はなるほど、と思った程度だったのですが、その後、車酔いになりそうな状態になった時にそのことを思い出しました。

首の後ろを冷やせば、車酔いが治るのではないかと思い、常備している冷湿布を首の後ろに貼りました。

すると、だんだん気持ち悪い症状が無くなっていきました。

そのあとは車酔いの症状が全く現れずに快適にドライブを楽しむことができました。

途中でかなり急カーブのある山道を走りました。

普段の私ならすぐに車酔いをしてしまって青い顔状態だったでしょう。

しかし、その時はまったく平気で山道を楽しんでいました。

運転者も、「この道は普通の人なら酔うかもしれないな」と言っていました。

そのくらいの道でも平気だったことは、私的には奇跡に近い状態でした。

乗り物酔いを防ぐために

今後は車や船、または飛行機に乗る時は、首の後ろを冷やすことを心がけたいと思います。

案外簡単な解決方法で、いろいろな身体の不調を治すことができることを知り、驚いています。

私は自分で車の運転をする時は、どんなに急カーブが続いても全く酔うことはありません。

身体と車が一体化しているからだと思います。

しかし、相変わらず方向音痴なのは治りません。

これは身体の不調とは別ものですが、方向感覚がおかしくなる点では共通したものがあるのかもしれません。

今後は何かにバス旅行に参加しても、後部座席で楽しめるでしょう。

今まで以上に旅行を満喫することができます。

私は長年、車酔いに悩んできました。

しかし、首の後ろを冷やすことで、乗り物酔いを解決できることを知りました。

これからは今まで以上に旅行やドライブを楽しみたいと思っています。

毎日できるプチプラ美肌ケア

最近肌荒れがちょっと気になってきて、自宅でできる安価で簡単なお肌ケアを模索中です。

もともとは、あまり美容に興味がなかったのですが、調べて実践しているうちに、徐々に楽しくなってきました。

今日は、私が見つけたプチプラな美肌ケアに欠かせないいくつかのアイテムをご紹介します。

たっぷり大容量の化粧水「ハトムギ化粧水」

お肌のケアに欠かせないのが化粧水。

顔に使うだけでなく、感想が気になったりするときは全身に使うこともあるため、私は大容量で安価な化粧水を利用しています。

最近使ってお気に入りになったのが、ドンキホーテなどの量販店で販売されている「ハトムギ化粧水」。

容量が500mlとたくさん入っているのに、価格は600円~700円前後と、かなりお安め。

さっぱりとしてベタつかない使い心地がとても気に入っています。

この化粧水を使うようになってから、ニキビも減り、お肌の調子がとってもよくなりました。

100円均一で買える「使い捨てのフェイスマスクシート」

肌荒れがひどくてしょうがないとき、今まではドラッグストアでパックを買っていました。

でも今は、前述のハトムギ化粧水と、100円均一で買えるフェイスマスクシートを使ってパックをしています。

だいたい10個いりなので、1つあたり10円と、非常にコスパが高いところが気に入っています。

このパック、ハート型や丸型に整形されていて、ぱっと見た目フェイスマスクに見えないところがとても気に入っています。

化粧水を吸わせて膨らませて使うのですが、マスクが化粧水を吸って膨らんでいく様子を見守るのも好きですね。

ちょっとだけテンションがあがります。

保湿クリーム代わりの「ニベア」

私の母はよく、手が乾燥したとき、「ニベア」の缶のハンドクリームをつけていました。

子供の頃、肌が乾燥してピリピリしたときに、母がちょこっとつけてくれたのがこの「ニベア」のクリーム。

今私は、このニベアクリームを全身の保湿クリームとして活用しています。

ニベアクリームは保湿クリームとの配合が近いことを知ったのは、つい最近のこと。

それまではハンドクリームとして活用していたのですが、ハトムギ化粧水と一緒に使ったらお肌の調子がすごくよくなりました。

今まで保湿クリームだけは高いものを使ってきたけど、こんなに安く簡単にケアできるなんて!と、とっても驚きました。

私にとって、「ニベア」は母の香りです。

夜に肌をケアするとともに、ニベアの香りで安心して眠ることができるようになりました。

以上、いかがでしたでしょうか。

まだまだプチプラな美肌ケアは勉強中ですが、知れば知るほど工夫するところもあり、毎日楽しく研究を続けています。

高く、効能の高い化粧品をあれこれ試すよりは、こういったプチプラ商品をうまく使ってお肌ケアをするのは気軽に試せていいですよ。

皆さんもぜひ、試してみてください。

男性と女性の話題の違い

男性の話題の選び方

今、新入社員研修の一環として、これまでの研修を振り返るパワーポイントを作っています。

パソコン室で同期を観察していると、男女差というか、男女の脳の違いって本当にあるんだなあと感じます。

特に実感したのは、以前ネットの記事で読んだ「男性はオフィシャルな話を好み、女性はプライベートな話を好む」ということです。(オフィシャルな話というのは、最近行われたプロ野球の試合、会社・経済、天気などです。プライベートな話というのは、週末に行った場所、恋人の話、愛用している化粧品、趣味などです。)

休み時間は男女に分かれて雑談することが多いのですが、男性組は関連会社の動向とか、自分の属している部門の将来性とか、最近注目している業界の話なんかが多いんですよね。

私もそういうカタい話が嫌いなわけではないですが、正直息がつまるなあと思うこともあります。

男性って仕事以外の時間も仕事やビジネスのことばかり考えているんだと思うと、頭が下がると同時に真似できないと感じます。

女性の話題の選び方

一方、女性組は彼氏と撮った写真をみんなで見たり、最近買った洋服の話をしたりします。

女性の方がプライベートをオープンにすることが多く、私はその風通しの良さを居心地が良いと感じます。

仕事ではしっかりしている人がプライベートでは彼氏にメロメロだったり、とっつきにくいくらいの完璧な美人が実はオタクだったり、そういう発見が楽しいんですよね。

それに、休み時間はプライベートな話をすることで、リフレッシュできる効果もあると思います。
私は普段、周りから「女らしくない」と言われることが多いです。

言葉遣いもどちらかと言えば荒っぽい方ですし、女性には珍しい趣味もいくつかあります。

でも、社会性や人間関係の構築方法については、女性らしい傾向があるんだなと思うと、不思議な気持ちになります。

今度、男女の脳の作りの違いについて書かれた本を読んでみようかなと思います。

男性と女性で話題のチョイスが違うという話。

男性はオフィシャルな話、女性はプライベートな話が好きなんだなと実感しています。

スイーツパラダイスの魅力

スイーツパラダイスの食べ放題のメニューとは?

最近はスイーツパラダイスというお店が大阪やイオン倉敷や東京などで人気ですね。

食べ放題というのはわかるけど、一体どんなメニューが置いてあるのと思う人が多いので、ここで改めて説明します。

常時ケーキなどのスイーツが30種類以上置いてあります。

もちもちの太くてあっさり味のパスタが毎日日替わりで5種類以上置いてます。

ビザも日替わりですし、カレーやスープやサラダまであります。

しかもパスタは、希望のものは店員さんに「カルボナーラください」とオーダーしたらできたてホヤホヤのカルボナーラを食べれます。

ドリンクバーやアイスバーもありますが、こちらは別料金となります。

ドリンクなしだと制限時間70分で1080円です。営業時間内ならいつでもこのお値段です。

どんな食べ方をすればいいのか実体験踏まえた内容

制限時間70分となると、意外にあっという間に経過してしまいます。

デートなどで来たとしても話に夢中になればバイキングに来た意味がなくなります。

一人だとがっつき過ぎてしまう可能性もあります。

その時間内に有効にバイキングを楽しむ秘訣とは、水分を序盤は控えます。

水分の代わりにコンソメスープや野菜スープで水分とって、パスタやカレーなどがっつり7部目くらい、いただきます。

そして残り30分くらいで余裕持ちながら、夢のようなスイーツをスローペースで大皿に取っていただくと美味しくいただけます。

プリン系もあるし、コーヒーゼリーもあるし、わらび餅からポップコーンまで残り30分はスイーツタイムにすると良いでしょう。

スイパラの真の魅力

スイパラの本当の魅力とは、ケーキもパスタも大きいとか太いのに、あっさりと優しい味付けなので、想像以上にたくさんの種類がいただけます。

一度のバイキングで満足度MAXになるので、次回もまたこのパラダイス感覚に浸りたくて来たくなるのです。これがスイパラマジックです。

イオン倉敷にあるスイーツパラダイスやその他人気のスイパラについての魅力と、なぜスイパラは未だ常連客が多く再訪問したくなるのか、実体験踏まえた記事で検証してみました。

職場における文系と理系の違い

文系社員あるある

理系の人が多い会社(製造業)に入社して、そろそろ3ヶ月が経とうとしています。

私は数少ない文系社員ですが、この頃文系・理系の違いを強く感じています。

文系・理系の違いを最も実感するのは、同期の人間関係の築き方と話題の選択です。

文系の人は総じてウエットです。

私たちはほとんど全員社員寮に住んでいますが、文系社員は毎朝寮の前に集合してから出勤します。

集団登校ならぬ集団通勤です。

もちろん、集団通勤しなければならないという決まりはありません。

そして、毎週金曜日は必ず文系の同期全体の飲み会があります。

忙しい週だろうと、出席率が低かろうと、絶対に開催されます。大学生の飲みサークルに似た雰囲気です。

頻繁に同じメンバー(しかもそれほど仲が良いわけではない)で飲むので話題が乏しく、毎回同じ話をします。

それらは全て恋愛関係で、「どんな人がタイプか」とか「今の彼氏・彼女をどんな関係・状態か」といったものです。

そして、恋愛の話をしたがらない人にも、半ば無理矢理言わせる傾向があります。

文系の人には「飲み会は盛り上がってなんぼ」という考えがあり、盛り上がるためにはプライバシーという概念を捨て去る必要があるようです。

理系社員あるある

一方、理系の人はだいたいドライです。

朝は各々好きな時間に出勤し、飲み会の頻度も高くありません。

飲み会を開催する場合も、気の合うメンバーで気楽に集まるという感じで、文系とは全く雰囲気が異なります。

話題は当たり障りないものが多く、それほど親しくない人のプライベートに無理矢理踏み込むようなことはありません。

盛り上がることより、居心地の良さを追求しているようです。

私は文系ですが、理系の雰囲気を羨ましく思うことがときどきあります。

毎週飲み会に行くことを強制されたり、常にテンションを高く保ったりするのは、精神的に楽なことではないからです。

みなさんの会社では、文系・理系の差を感じますか。

そして、差を感じる場合、どちらの雰囲気をより好みますか。

メーカーに入社して感じた、文系社員と理系社員の違いについて。

全体的に文系社員はウエットで、理系社員はドライです。

私は理系社員と一緒にいる方が楽です。

DSの魅力を伝えたい

DSがあるとどんな時に便利なのか?

ニンテンドーDSがあると、持ち運びできるので、旅行とか出かけた時に合間にちょこっとプレイができるのが一番の魅力です。

しかもゲームボーイやスマホアプリより画面が美しいし音楽も綺麗だしメジャーソフトが多いのです。

そして最近は軒並み人気の作品が激安で売られています。

また、視力が悪い人でも画面がコンパクトで焦点が合うので普通に裸眼でプレイできます。

メガネ付けっ放しでプレイしなくて良いので心持ち余裕が生まれます。

イヤホン対応なので、高速バスとか出先で「音が漏れてうるさい!」とは言われないでしょう。

DSについての自分のエピソード

このゲーム機は実は友達に昨年9月に無料でもらいました。

それまではPS2までしかプレイしてなかったのですが、いざDSをプレイしだすと手軽さといつでもちょっとづつプレイするのと、何かしら持ち運びできると、ふとした瞬間にプレイできるので楽しくゲームをさしていただいております。

個人的には、「テイルズシリーズ」「ドラクエとかFFシリーズ」がDSで出ているので、それらのカセットを1000円以内で購入してプレイしております。
メリットばかりじゃありません。

例えばFFシリーズは2005年以降にDSのカセットは発売されているのに、PSより画像が荒くて、雑でゲームの難易度ものめり込み度も微妙な感じはします。

でもポータブルゲーム機だから、いざ仕方ないのはあります。

DSカセットを安く手に入れる方法

私がカセットを1000円以内でゲットしてるのは、ブックオフとかのワゴンセールで特別安売りやゲオの本日安売りデーを利用しているからです。

そればかりか出品サイト「メルカリ」だと箱無しなどになると、怖いほど安い値段で売られているので感動のお値段で購入できます。

失敗してもすぐに売ってもメルカリなどだと案外、購入される人がたくさんおられるので安心です。

DSカセットは安くゲットし高く売るが基本です。

今や人気はニンテンドー3DSが主体ですが、すごく安く手に入るDSとDSカセットの良さをこの記事で幾つか挙げております。

また自身がなぜ今更ニンテンドーDSをそんなに進めたがるか例を挙げつつ説明してみました。

飲食店!果たして自分は飲食店のポイントは何を見るのか

飲食店のポイントは本に載ってるお店に行きます

私が飲食店を開拓する理由はとにかく有名店ならミーハーだからどんどん開拓したくてお店巡りをしています。

味うんぬんより、何らかの本に載っているから行こうという短絡的なものです。質よりお値段と手数で飲食店巡りをするユニークなパターンです。
しかし、再訪問するお店がどうしても出てきます。

それらのお店に行くならより飲食店巡りについての自分なりのこだわりがあります。

飲食店巡りからの再訪問する時のポイント

また行きたくなる飲食店、これは本当に好きになったお店だと必然的なものといえます。

では、私なりのまた行きたくなるお店の特徴とはなんなんでしょうか?

お値段が安いのはいうまでもなく1000円以内であることが条件です。

お店の雰囲気が良くて、異性とデートするなら外せないと感じるかどうかをチェックします。

海が見えるとか、可愛らしい雑貨が多いとか、漫画や本がたくさん置いてあるとかお店がログハウスみたいで素敵だとポイントが高いです。

立地条件が良いとどうしても総合ポイントより便利さをみてしまい再訪問します。

岡山駅近くだとか大阪梅田エピソード近くなど、わかりやすい立地条件だと再訪問したくなります。

そして誰かと初顔合わせする時などは、駅から近いとか大型モール内となるとわかりやすいし待ち合わせに良いと思います。

では自身では何系のグルメなお店に行くのか?

私が行くお店と言えば、リーズナブルかつ雰囲気良くて人気なお店と踏まえてますが、基本はラーメンかカフェが大好きです。

カフェなら一人でもリラックスできるし、クラウドワークスなどライティング作業とかも効果的にできるからです。

ラーメンなら単純にお店によってすごく味が違うのでとにかくいろいろ冒険したいので、あちこちの有名と言われるラーメン屋を巡ってみたいし、もちろんこれからも新しいラーメン屋でもカフェでもガンガンお店巡りしていきたいです。

私は飲食店巡りが大好きです。

ではそんな私が飲食店を巡る時に何をチェックしているのか、どういうお店が再訪問したくなるのかをここでいろいろ書いてみました。